脳を休ませると見えてくるもの

こんばんは。
心の魅せ方コンサルタント
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

久々のブログ更新になってしまいました;;;

 

何があったわけではないのですが、ちょっと疲れていたようで意識的にお休みしておりました。

 

実は普段、私はこんな風に思っていたのです。

 

「インプット⇔アウトプットをすることで脳は活性化されていく」

 

今でもそう信じているのですが、どうやら脳が疲れていたみたいで知らないうちにこんな状態になっていたことに気づきました;;;

 

  • 本を読んだり、人から話を聴いたりインプットをすることで、それらが絶対的に正しい!と思い込んだり、自分に合わないことをしてしまい空回り

 

  • 自分本来の考えや好き・嫌いなどの感覚よりも、求められている役割やタスクを優先し、自分の軸がブレてしまっていた

 

  • 心や身体の声を聴くよりも、タスクや求められることを優先してしまい「本当はどうしたいのか?どう感じてるのか?」が見えにくくなっていた

 

ですから、ここ数日は時間に余裕があったのもあって、インプット⇔アウトプットを辞めることにして、徹底的に自分の心と対話をしたりぼーっとしてみたり、寝まくったり(笑)、思い切り自分を甘やかしてみたのです。

 

正直、このまま一生ぼーっとしていたらどうしよう?とも思いましたよ(笑)

 

でも、そんな自分も受け入れて、心と身体にウソをつかずに正直な気持ちを優先することだけをしてきました。

 

  • 好きな物を食べて

 

  • 好きなだけ寝て

 

  • 好きな人と話をして

 

  • 好きな本や雑誌を読んで

 

  • 家事もちょっと手抜きをして(私の気持ちを優先し、協力してくれたパートナーに感謝♪)

 

そうしている自分を責めずに

 

「●●をしている自分はOK」

 

「●●をしていない自分はダメ」

 

とジャッジせず受け入れてあげると、段々ご機嫌が良くなってきました^^
そしてこれらのことが見えてきたのです。

 

  • 本当はどうしていきたいのか?自分の軸に戻れるようになった

 

  • 自分が好きなこと、嫌いなことが明確になった

 

  • 五感が鋭くなった

 

  • 良い、悪い、とジャッジするのがバカバカしくなってきた

 

  • 日々の当たり前の幸せに心から感謝

 

もし、あなたも少し脳や心が疲れているな、と感じられているのならお時間が許す範囲で意識して脳を休ませてみてはいかがでしょうか?

 

どんな変化があったのか、ぜひシェアしてください♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

takatori tomoko

takatori tomoko

日本航空CAとして12年間接客に従事。                 
ラストの5年間は後輩育成に携わり、人財育成の難しさ、
やりがいを感じ自身もコーチング、NLP
(コミュニケーション心理学)など研鑽を重ね、 
2006年に研修講師・コーチへとしてのキャリアをスタートさせる。
                
人財育成コンサルタントとして「ビジネスマナー研修」
「コミュニーケーション研修」などを提供。
ビジネスコーチングも実施している。

詳しいプロフィールはこちら