欲しい成果を手に入れるためにガマンしていることありませんか?

こんばんは。
心の魅せ方コンサルタント
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

ズバリ、今日のタイトル。若い頃の私のことです;;;あなたはいかがですか?

 

10歳の時に初めて飛行機に乗った時、CAになりたい!と決めたものの背が低く見た目にも自信がなかった私は

 

「夢を叶えるには努力が必要。それまではやりたいことをガマンしよう」と決意しました。

 

で、中学・高校・短大と夢を叶えるために何が必要か?そればかり考えていました。

 

「夢を達成するまでは目の前にある楽しみは味わうべきではない」

 

と真剣に思い込んでいたのです;;;

 

 

でもね、今振り返るとあまりにも欲しい成果や目標を意識しすぎて目の前にある幸せや楽しみ、チャンスを見ようとしなかったのはモッタイナイ、と思うのです。

 

もし昔の自分にアドバイスできるなら

 

  • 夢のために頑張るのはいいけど、そのために何かをガマンしたり犠牲にするのはいかがなものか?

 

  • 今、目の前の幸せを充分味わい楽しむこともしようよ

 

  • そもそも、何かをガマンして努力しないと夢を達成できないという考えが思い込みなのでは?

 

そんな風にアドバイスしますね。

 

欲しい成果のために努力・行動することはもちろん大事。
でもその成果を絶対に手に入れる!と執着しすぎず、目の前にある楽しみ・チャンスに気づけるような心の余裕を持つこと。

 

夢と現実。両方をニュートラルに見る視点を持ちながら毎日を過ごしていきたいと考えています。

 

あなたの場合はどうですか?

 

欲しい成果のために今、何かをガマンしたり犠牲にしていませんか?

 

夢と現実、両方の視点をうまくコントロールしていますか?

 

目の前の幸せ・楽しみ・チャンスを感じとっていますか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

takatori tomoko

takatori tomoko

日本航空CAとして12年間接客に従事。                 
ラストの5年間は後輩育成に携わり、人財育成の難しさ、
やりがいを感じ自身もコーチング、NLP
(コミュニケーション心理学)など研鑽を重ね、 
2006年に研修講師・コーチへとしてのキャリアをスタートさせる。
                
人財育成コンサルタントとして「ビジネスマナー研修」
「コミュニーケーション研修」などを提供。
ビジネスコーチングも実施している。

詳しいプロフィールはこちら