心と頭の断捨離でスペースをつくったら・・・

こんばんは。鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

外出自粛となった週末、いかがお過ごしでしょうか。

 

SNSなどを見ていると、皆さん「今できること」をそれぞれ楽しんでいらっしゃるようですね。

 

・家族やペットとゆっくり過ごす

・のんびり料理をする

・本を読む

・掃除や片付けをする

・花を飾る

 

など。外出できないことをストレスに感じるよりも、いつもできないことを楽しもう!とされていて、なんだかホンワカした気持ちになりました。

 

私もこの週末はのんびりと普段できないことを楽しみましたが、本来の私は誰かと話しながら情報や意見交換することが何よりも好きなんです。

 

だから正直、「つまらないな~」と感じることも。そして、仕事がキャンセルになったり、今後の予定も見えずポジティブな私も多少は不安を抱えています。

 

また、亡くなる方、打撃を受け経済的に困難な状況にある方のことを考えると、心が痛み悲しい気持ちでいっぱいです。

 

そんな中、じっくり時間をかけて心と頭の断捨離をしてみたのです。

 

すると「自分の心とじっくり向き合うことの重要性」を改めて感じることができ、不安もだいぶなくなりました。

 

こんな風に自分に問いかけてみました。

 

・なくても大丈夫なことは?

・手放したいことは?

・やらなくてもすむことは?

・惰性でやっていたけど、本音ではやりたくないことは?

・いらない考えや価値観は?

・今まで「これを達成したい」と思い込んでいたことは?

 

そして、「今の私には不要だな」と感じたことは「今までありがとう」と感謝しながら手放すことに。

 

一昔前、断捨離のこんまりさんが一世を風靡しましたよね。同じ要領で「ときめくかときめかないか?」を自分の心に聞いていく。

 

「これ、やっていた方が得かも」

 

「今まで頑張ってきたからもったいない」

 

「とりあえずとっておこう。後で使うかもしれないから」

 

「これをやめたら迷惑かな。嫌われちゃうかも」

 

と言う考えはなし。「今の私が気持ちよく過ごすためにはどうする?」にフォーカスする。

 

すると、これらの気づきがありました。

 

・大切だと思うことが今まで以上に明確に!それらにエネルギーを注ごう

・当たり前・大事だと思い込んでいたことに執着していたな・・・

・以前よりも少しは成長したから、もう必要ないのかもしれないな

 

そうやって頭と心にスペースを作ったら、不思議と新たにやってみたいことや仕事のアイデアが湧いてきました!!!

 

「何か欲しいものがあるときは、まずは勇気を出して手放す」これは私が経験上、大事にしていることです。

 

今回、こうやって緊急じゃないけど重要なこと、自分の心と対話し今後の戦略をたてる「自分会議」の時間がとれたことに感謝です。

 

今、起きていることは大変だし、不安やストレスを抱えている方も多いと思います。

 

でもこの状況を「いい悪い」でジャッジせず、俯瞰して見てみる。当たり前のことや人とのつながり、今ある健康に感謝する。

 

そうすることで、気持ちに少しだけ余裕ができるといいなと思っています。

 

皆さん、くれぐれも体調にお気を付けてお過ごしくださいね。読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

takatori tomoko

takatori tomoko

日本航空CAとして12年間接客に従事。                 
ラストの5年間は後輩育成に携わり、人財育成の難しさ、
やりがいを感じ自身もコーチング、NLP
(コミュニケーション心理学)など研鑽を重ね、 
2006年に研修講師・コーチへとしてのキャリアをスタートさせる。
                
人財育成コンサルタントとして「ビジネスマナー研修」
「コミュニーケーション研修」などを提供。
ビジネスコーチングも実施している。

詳しいプロフィールはこちら