あなたにとっての”幸せのモノサシ”は何ですか?

こんにちは。鷹取智子(たかとりともこ)です。あっという間に9月に入りましたね。

 

コロナ渦となり、そろそろ半年近く経つでしょうか。1年前にはこのような状況になるとは、世界の誰も予測していなかったですよね。

 

唐突ですが、あなたはクレドという言葉を聞いたことありますか?

 

リッツカールトンのクレドは有名なので耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。簡単にいうと「約束・信条・行動指針」のようなものです。

 

私はここ7~8年ほど前から年の初めに「マイクレド」というものを作成しています。企業が策定しているクレドの自分バージョンです。

 

私にとってマイクレドは「自分との約束」で、大事にしている価値観をわかりやすい文章に落とし込んだもの。

 

何か選択に迷ったり、行動する際にマイクレドと照らし合わせるようにしています。新年に立てる目標設定も、このマイクレドと連動するよう作成しているんです。

 

毎年約10個ほどのマイクレドを策定するのですが、その中で

 

「物事を良い悪いでジャッジせず、幸せを感じるか?をモノサシにします」

 

というクレドがあります。

 

2~3カ月に1度、新年に作成したマイクレドを見直す習慣をつけているのですが、先日見直していたらあることに気づきました。

 

私の中の「幸せ」を感じる瞬間が、少し変わってきたのです。

 

好奇心旺盛な私は、

 

・様々な人と会って、美味しい物を食べながら語り合う

・旅行に行き、非日常的な場所からインスピレーションをもらう

 

ことが大好き。以前はこれらが私にとって幸せを感じる時間でした。ですからコロナ渦でできなくなってしまい、当初はストレスを感じていたのです。

 

でも、ストレスを感じていても自分で変えられない状況だから仕方がないですよね。ですから与えられた環境の中で、幸せを感じることを探すように意識を変えたのです。

 

その結果、私の中で変化が起きたようです。例えば

 

・毎日、目の前のことに対して丁寧に向き合うこと

・自分との対話時間をとること

 

などに幸せを感じるようになりました。

 

今までは家事も効率化重視でしたが、今は時間があれば1つずつの家事をゆっくり楽しみながら進めるようになったんですよね。

 

以前は「あ~面倒くさいなぁ」と思っていたプロセス自体を楽しめるように。人って変わるんですね(笑)

 

また、私の周りには素敵な尊敬する友人知人の方が多いので、何かしら悩んだり迷う際、以前なら割とすぐに相談していたのです。

 

でも今はなかなかお会いできないこともあり、「もう一人の自分」に相談するように。すると意外と(笑)納得いく答えが浮かび上がるようになりました。

 

もちろん信頼できる方からのアドバイスは大変有難いですし、客観視できるのでこれからもお願いしたいのですが、その前に「自分で考え抜く」ことが大事だと気づけました。

 

考え抜いた上で周りの方々からアドバイスをいただくと、真の意味で自分のものにできると思うのです。

 

きっとあなたもコロナ渦で得たものや気づいたこと、多いのではないでしょうか?あなたにどんな変化や気づきがあったのか、教えていただけたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

この記事を書いた人

takatori tomoko

takatori tomoko

日本航空CAとして12年間接客に従事。                 
ラストの5年間は後輩育成に携わり、人財育成の難しさ、
やりがいを感じ自身もコーチング、NLP
(コミュニケーション心理学)など研鑽を重ね、 
2006年に研修講師・コーチへとしてのキャリアをスタートさせる。
                
人財育成コンサルタントとして「ビジネスマナー研修」
「コミュニーケーション研修」などを提供。
ビジネスコーチングも実施している。

詳しいプロフィールはこちら