新しい場所、普段合わないタイプの人との接点を持つようにすると・・・

こんばんは。
心の魅せ方コンサルタント
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

  • 「こんなことがあったの」と話せば、多くを語らずともわかってくれる価値観が合う人との時間

 

  • お気に入りのお店や行きつけの場所で、リラックスした時間を過ごす

 

  • 興味のあることだけを徹底的に楽しむこと

 

気心しれた人との時間、行きつけの場所、お気に入りの趣味。やはり落ち着きますよね。

 

でもね、そこに安住してしまうと感性やアイデア、物の捉え方もいつも同じ感じになってしまう気がするのです。

 

先日、あるご縁から一見さんお断りの銀座の画廊に連れて行っていただきました。

 

私は普段、絵画や美術などの世界にはあまり興味がないタイプ。でもある方にそちらの画廊のお話を伺った時、直観で「これは行かなきゃ」って感じたのです。

 

そしてご一緒した方たちは、私よりもひとまわり以上年下の職業も経歴も私とは全く異なる女性達。

 

そちらの素晴らしい絵からは、言葉では言い表せない刺激とインスピレーションを感じ、自分の世界観からは想像できない世界を見せてもらいました。まさに魂が震えるような貴重な経験!!!

 

また、ご一緒した女性達からは私が普段思いつかないようなアイデアやモノの捉え方を教えていただきました。

 

普段は自分と同じような仕事をしている人たちや、同じような経験をされている方達とご一緒している時間が多い私。

 

もちろん、そういった方々との時間は心に潤いや安心・刺激を与えてくれるのですが、新たな視点はなかなかお互い見いだせなかったり・・・

 

同じような性格や価値観の人とずっと一緒にいて楽だけど、新たな発見は感じにくい気がするのです。

 

例えば、私はせっかちで気づくと目の前のことしか見えなくなりがちなのですが、正反対の性格をもつ主人と出会ってからは、自分の中での“視点”が広がった気がします。

 

私たちが取り扱っているアクセサリーブランド、「アルチザン」の独占販売権が取れた直後のこと。

 

出展してみたい展示会を見つけた時、応募締め切りがあと2週間・・・。そこで私はこういう風に思いました。

 

「せっかくだからもっと準備を完璧にしてから出展したい。間に合わなさそうだな」

 

それに対して主人はこう言ったのです。

 

「まだ2週間もあるじゃない!ラッキーだよね。これは出展しろ、と言う流れだよ。準備は走りながらやろう」

 

結局、その時に勇気を出して応募したら出展側からも「素晴らしい商品だから弊社のパンフレットにも掲載したい!」とまで言っていただけました。

 

きっとあの時、私が思ったように「完璧に準備してから・・・」だったらそのチャンスは逃していたと思います。

 

いくらコーチングやNLP,心理学などについて学んでも自分の視野を広げるのは時間がかかります。

 

手っ取り早く多くの視点から物事を捉えられるようになるには、自分と違うタイプの人と一緒にいたり、その人の行動を観察することをおススメします^^

 

俯瞰して自分を客観的に見ることができると、目の前の現実が違って見え出すから。

 

あなたの視点、どのようにして広げますか?

 

誰と接してみますか?どこに行ってみますか?何をはじめてみますか?

 

もし良かったらイメージしてみてくださいね^^

 

視点の広げ方はこちらでもお伝えできます♪

 

投稿者プロフィール

takatori tomoko
takatori tomoko
12年間日本航空のCAとして機内サービスに従事、その後研修講師へと転職。
2014年にボントラッドジャパン株式会社を設立。
セブ島のアクセサリーブランド「アルチザン」と独占販売権を結び、
百貨店やセレクトショップにてアルチザンを販売する。

アルチザンの輸入販売業と並行して、アメリカのコミュニケーション心理学NLPやコーチングを使った
「心の魅せ方コンサルタント」としても活動中。

詳しいプロフィールはこちら

※CA式・心の魅せ方トレーニングについてはこちらです
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokoronomisekata