自分でつくった”制限”に気づくと行動にうつせる

こんばんは。
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

私事ですが最近、ランニングをはじめました。

 

実は子供の頃から長距離が苦手で大嫌い;;;短距離はすごく得意だったのに、

 

「私は長距離はダメ、向いていない、無理」と決めつけていました。

 

でもね、嬉しいことにその40年以上私を縛っていた”制限”(思い込み)は、あっという間に崩れ落ちました。

 

そうです、走ってみたら意外と楽しく走れたのです!!!しかもマイペースでゆるい感じではありますが、もう1カ月半ほど継続できています。

 

そこでね、思い出してみたんです。その勝手な”制限”はどのように作り上げられたのか?

“自分でつくった”制限”に気づくと行動にうつせる” の続きを読む

ついネガティブ思考になってしまうあなたへ

こんにちは。
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

あなたにはこんな経験、ありませんか?

 

・「いつもならすぐに彼から返信があるのにないってことは、嫌われたのかな?それとも他に好きな女性ができたとか?」と眠れなくなる

 

・「仕事で小さいけどミスをしてしまった。今まで頑張ってきた全てが台無しになっちゃうかも。プロジェクト外されたらどうしよう」など不安になる

 

そして、悩みを友人や同僚に相談すると、

 

「たまたま彼が忙しいからじゃない?月末だし」

 

「そんな小さなミスだけで、プロジェクト外される?そんな訳ないでしょ。何か確実な根拠あるの?」

 

と言われ、ハッと我に返る。

 

「そうだよね、ネガティブに考えすぎていたな。私も友人の相談には客観的にアドバイスできるのに、どうして自分のこととなると視野が狭くなってしまうのかな?」

 

そんな風に思ったことありませんか?私には多々ありますよ。

“ついネガティブ思考になってしまうあなたへ” の続きを読む

自分本位のアドバイスよりも”愛”をこめたコミュニケーションを

こんばんは。
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

もしあなたが信頼する人にアドバイスを求めた場合、どちらのアドバイスに愛を感じますか?

 

A:無難なアドバイスや「あなたが思う通りでいいんじゃない?」との返答

B:「イタタタ」とある意味キツイけど的を得たアドバイス

 

もちろん、それぞれの性格や相談した内容など様々な状況によって捉え方があると思うので、何が正解、というのはないでしょう。

 

でもね、私自身、思い返すと

 

「そこまで言わなくてもいいでしょ」と当時は傷ついた辛辣なアドバイスの方が、今となっては血になり力になっていると感じています。

 

「あぁ、この人は本気で私のことを思っていってくれたんだな」とも思うから。

“自分本位のアドバイスよりも”愛”をこめたコミュニケーションを” の続きを読む