“じぶん取扱書”がわかると人生の選択がシンプルになる

こんばんは。
心の魅せ方コンサルタントの
鷹取智子(たかとりともこ)です。

 

巷では

 

・目標やビジョンを書くスペースがある手帳

 

・「自分への質問」に対し書き出しながら答えていくタイプの書籍

 

などが多く販売されていますよね。私も愛用しています^^

 

ところであなたは心の中を「書き出すことで見える化」する作業、習慣化していますか?

 

この「書き出す作業」、思った以上にメリットがあるのです。

 

・自分を客観視できる

 

・振り返ることで気づきがある

 

・ストレスが減ったり、自己肯定感が増える

 

これらの効果があるかと思います。でもね、私が一番効果があるな~と経験上感じているのが

 

「書き出すことで自分のパターンがわかる=じぶん取扱書ができる」

 

ということ。

 

で、「じぶん取扱書」ってなに?と思われますよね(笑)これは私が勝手に命名したもの^^

 

まず、その日あったことや過去の出来事などを書き出して振り返ります。そうすることによって、自分の感情や考え方・行動に対する一定のパターンが見えてきます。

 

この「パターン」が「じぶん取扱書」をつくる際の鍵になるのです。

 

例えば、

 

・その日良かったこと、感謝することを書くと・・・

 

→「何に自分は幸せを感じるのか?」「どんな時にどのように感謝の気持ちがわき上がるのか?」「どうすればご機嫌でいられるのか?」と言う幸せに対するモノサシがわかる

 

・怒りが溢れている時、無心にノートに書き出すと・・・

 

→「自分の怒りポイントは何なのか?」がわかる。
また、多くの場合、自分の中での「大切な価値観に反する事をされたとき」にイラっとする事が多い。よって「自分は何を大事にしているのか?」が炙り出される

 

わけです。パターンがわかれば「自分をどのように扱ってあげたら心地よく感じるのか?」「どう扱ったらイライラするのか?」が見えてきます。

 

私の場合は、36歳の時に過去の恋愛に対し、書き出すことでパターンを掘り起こしました。例えば、

 

・過去の彼氏や男性にされてイヤだったこと

 

・イライラしたポイント

 

・何に幸せを感じたのか?

 

・どんなことに対して悲しい、寂しいと感じたのか?

 

・どのような時に自分の「イヤな部分」が出てしまうのか?

 

・別れることにした決定打は?

 

などなど。

 

過去の傷口を自ら開いて(笑)塩を塗り込む感じの作業でしたが、このように過去の恋愛や、自分の失敗パターンに目をそらさずガッツリと向き合うことで一定のパターンが掘り起こされるのです。

 

そして

 

・本当はどんな幸せを欲しているのか?

 

・どのような価値観を大事に生きていきたいのか?

 

・過去の恋愛の失敗から何を学び、今後はどのような恋愛がしたいのか?

 

・自分が改善したい考え方や行動は?

 

・どのような人生を歩んでいきたいのか?

 

が明確になりました。

 

どのような選択をすれば自分がご機嫌になるのか?がわかれば、シンプルに物事を選ぶことができます。

 

また、自分を大事に取り扱うことで、私の場合は自分にも周りの人にも素直になれたのです^^

 

そのように自分の中で変化を感じた直後に、主人と出会いました♡

 

これらの書き出しワークで「理想の彼」と出会い幸せになったクライアントさんもいらっしゃいますよ。

 

実は私、今年に入って簡単な日記をつけています。1~2分で「良かったこと」「感謝すること」「達成できたこと」「気づき」などを書いているだけなのですが多くの気づきがあります。

 

あなたの場合はいかがですか?

 

何を書き出してみますか?

 

もし、一人で書き出すのが難しいようでしたら体験セッションも承りますよ^^

https://peraichi.com/landing_pages/view/kokoronomisekata

投稿者プロフィール

takatori tomoko
takatori tomoko
12年間日本航空のCAとして機内サービスに従事、その後研修講師へと転職。
2014年にボントラッドジャパン株式会社を設立。
セブ島のアクセサリーブランド「アルチザン」と独占販売権を結び、
百貨店やセレクトショップにてアルチザンを販売する。

アルチザンの輸入販売業と並行して、アメリカのコミュニケーション心理学NLPやコーチングを使った
「心の魅せ方コンサルタント」としても活動中。

詳しいプロフィールはこちら

※CA式・心の魅せ方トレーニングについてはこちらです
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokoronomisekata